シミにも色々種類がある?

gum14_ph05008-s

シミにも色々種類があります。

シミと一口に言ってみても、そのシミの大きさや色、発生している場所によって、実は様々な種類があるのです。

例を挙げてみると、「肝斑」は30~40代の女性に多く見られる両頬など、左右対称に出る均一なシミのことです。

「雀卵斑」は所謂ソバカスのことで、小さな斑点が鼻を中心にして散らばったように出るシミを言います。

「脂漏性角化症」は男性に多く見られ、シミの角化が進んで僅かにイボ状に盛り上がった状態になります。

「老人性色素斑」は紫外線が原因でできてしまう、ハッキリとした丸い形である場合が多いシミのことです。

「遅発性両側性太田母斑」は生まれつきあるもので、青っぽいシミが額や目の周り、頬などに見られるでしょう。

以上の他にも、様々な原因によって、シミの種類は異なってきます。

また、このようなシミの種類に応じて、効果的な治療法も異なってきますので、まずは自分が気になっているシミがどんな種類のシミなのか確認しておくことが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者