酵素には副作用もあるの?

基本的に、酵素を摂取することで副作用が起こることはありません。

しかし、酵素を摂取していると、頭痛やフラつき、便秘や下痢、体がだるい、昼間の眠気が強いなど、一見、副作用とも思える症状が出ることがあります。

しかし、これは好転反応と呼ばれるものです。

好転反応は、体の調子が良くなる前の前兆だと思っていただければ分かりやすいと思います。

酵素を摂取することで、体の中に溜まっていた老廃物や毒素が排出されていくにつれて、不快な症状は徐々に消えていくので、酵素の摂取は止めずに続けた方が良いのです。

どうしても症状が辛い場合には、摂取する量を控えてみるといいでしょう。

決して、便秘薬や下痢止めは使わないようにしてください。

便秘薬を飲んでしまうと、腸内に居る善玉菌も便と一緒に排出されてしまう恐れがあります。

また、下痢止めは、老廃物や毒素の自然排出を阻害してしまう可能性があるのです。

酵素を摂取する時には、好転反応のことをよく理解した上で摂取するようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者