不妊治療の薬物療法ではどんな薬が処方されるの?

不妊治療の薬物療法では、hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)、hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)、クロミフェンなどの薬が処方されるでしょう。

上記に挙げた薬は、全て排卵誘発剤と言われるもので、クロミフェン以外は注射で投与され、クロミフェンは経口薬として処方されます。

これらの薬が体内に入ると、卵巣に働きかけ、卵巣が大きくなりやすくなるのです。

そして、その結果、排卵しやすくなります。

その他、体外受精の場合には、GnRHアゴニスト、GnRHアンタゴニストというホルモンを抑制するための薬が処方されることもあるでしょう。

卵子の生育を助ける働きや、卵子が早く排卵しないようにしたりすることができます。

その他、不妊の原因によって、様々な薬が処方されます。

もし、不妊になる疾患があれば、それに対応した薬を処方してくれるはずです。

患者の状況を見ながら、医師が治療方法を考えてくれますので、医師とのコミュニケーションも治療には非常に大切になってきます。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者