排卵誘発法の具体的なやり方って?

排卵誘発法の具体的なやり方は、大きく分けてニつあります。

・内服治療
・hMG-hCG療法

の二つです。

まず、一つめの内服治療について説明します。

内服治療は、排卵を起こすホルモンであるFSHとLHの分泌を促すために薬を服用するというものです。

そのために処方される内服薬には、セキソビットとクロミッドの二種類があります。

セキソビットはクロミッドよりも効果が弱いのですが、その分、副作用が起こりにくいでしょう。

主な副作用として挙げられるのは、女性ホルモンであるエストロゲンの作用を阻害してしまうことです。

次に、二つめのhMG-hCG療法についてですが、hMG-hCG療法はFSHとLHを外側から投与する方法で注射で行います。

hMG-hCG療法は、連日注射をしなければなりませんから、かなり辛いかもしれません。

でも、内服治療よりも強力な効果があるため、内服治療で効果のなかった人にも有効でしょう。

しかし、効果が高い分、副作用も起こりやすいとされていて、稀に重篤な副作用が起こる場合もあるので、注意が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者