胚移植法(IVF-ET)はどんな方法なの?

胚移植法(IVF-ET)とは、成熟した卵子を一旦体外に出して、培養液の中で精子と受精させて育てた後に子宮に戻す方法です。

少し前までは、限られた病院でしか行われていなかった方法ですが、現在は技術が進歩してきているため、一般的な病院でも行われるようになってきました。

胚移植法には、移植を成功させるために、患者自らが行うことができることがあります。

それは、移植前はできるだけトイレに行くのを控えることです。

その理由は、膀胱が尿で一杯になっていると、子宮の傾きがゆるやかになって、移植がしやすくなるためです。

一般的に、女性の子宮は前方に傾いているのが普通なのですが、傾き加減がキツイと、移植する際にカテーテルが思うように入らず、つっかえてしまうことがあると言われています。

スムーズにカテーテルが入らないと、移植するのに時間がかかってしまうばかりでなく、出血を引き起こすこともあります。

すると、妊娠する確率が非常に下がってしまうのです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者