エアコンが加齢臭の原因になることもあるの?

エアコンが加齢臭の原因になることもあります。

エアコンと加齢臭は一見、無関係のように見えますが、実は深い関係があるのです。

夏になるとどうしてもエアコンをつけて涼みたくなりますが、あまり長時間エアコンの効いたところにいると、その寒さによって血行が悪くなります。

血行が悪くなってしまうと、アンモニアの分泌を促進させる働きがある「乳酸」という物質が作られます。

乳酸がどんどん溜まってしまうと、アルカリ性の強い汗をかいてしまうので、加齢臭のような嫌な臭いを発生させてしまうでしょう。

このように、エアコンは加齢臭を発生させる原因にもなるため、気をつけないといけません。

特に運動不足の人は、普段から血行が悪いので、エアコンの作用を強く受けてしまい、加齢臭のような臭いを発生しやすいです。

もし、エアコンの効いたところで長時間仕事をしないといけない場合は、加齢臭対策のためにも日頃から運動をして、血行を良くしておいた方が良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者