タバコが加齢臭の原因になることもあるの?

加齢臭に悩まされている人は、タバコを止めるというのも一つの方法でしょう。

なぜなら、タバコは加齢臭を引き起こす原因になりかねないからです。

タバコの中には、体に害を与える物質が含まれており、その中の一酸化炭素という物質が加齢臭を引き起こす原因になります。

一酸化炭素を体内に取り込むと、脂肪を酸化させてしまい、加齢臭の原因物質である「ノネナール」の分泌を促進させてしまうのです。

また、タバコを吸うと大量のビタミンが失われてしまうので、体臭を予防するためにいくら食生活を見直しても、その効果が出にくくなります。

タバコにはこのような作用がありますから、加齢臭が気になる方は、なるべく禁煙した方が良いでしょう。

ただ、今までタバコを吸ってきた人が、いきなり禁煙しようとすると強いストレスを感じてしまって、日常生活に支障をきたす場合があります。

そのため、急に止めるというよりも、徐々に1日の本数を減らしていき、吸わなくてもストレスを感じなくなるような流れに持っていくといいですね。

もしくは、お医者さんに相談して禁煙するというのもオススメです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者