ノンシリコンシャンプーが加齢臭の原因になることがあるって本当?

ノンシリコンシャンプーが加齢臭の原因になるといわれていますが、これは本当なのでしょうか?

髪や頭皮に優しいといわれているノンシリコンシャンプーですが、加齢臭の原因になる可能性があります。

その理由として最も大きいのが、ノンシリコンシャンプーの原料です。

ノンシリコンシャンプーは、通常のシャンプーとは違い、シリコンを使用していません。

その代わりに油を使用することが多く、その油が酸化してしまって加齢臭に似た臭いを発生させることがあります。

また、ノンシリコンシャンプーはシリコン入りシャンプーとは違い、泡立ちが悪いですよね。

そのため、1回だけではなく、2回、3回とシャンプーしてしまいがちです。

何度もシャンプーしてしまうことで、必要な皮脂まで除去してしまい、皮脂の過剰分泌を引き起こします。

そうすると、頭皮から加齢臭のような臭いが発生してしまうことがあるのです。

ノンシリコンシャンプーは、髪や頭皮に優しいといわれていますが、こういったデメリットもあります。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者