子宮の病気は遺伝するの?

最近では、子宮の病気は遺伝しないという説が有力ではないかと言われています。

ただ、専門家の中でも遺伝するという意見と、遺伝しないという意見が分かれています。

ハッキリと遺伝するものなのか、しないものなのか解明されていないというのが現状です。

子宮の病気は遺伝しないという説が有力と言われてはいるものの、アンケートなどを行うと、家族に子宮の病気を患った人がいる場合の方が、子宮の病気になる確率が高いことが窺えます。

でも、これは、子宮の病気が遺伝しているというわけではなく、家族は食生活が似ているからだと考えられています。

日本人は、元々は子宮筋腫などの子宮の病気になる人が少なかったそうです。

しかし、戦後、欧米文化が入ってきた頃から子宮筋腫などになる人が増えて、近年では、日本人の女性の4人に1人は子宮筋腫になると言われています。

つまり、日常的に食べる料理が欧米化していると、子宮筋腫などの子宮の病気になる確率が上がるのではないかと考えられているのです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者