子宮内膜増殖症ってどんな病気なの?

子宮内膜増殖症というのは、子宮の内宮にある内膜が過剰に増殖することにより、内膜がとても厚くなってしまう病気です。

子宮内膜増殖症は、子宮体癌の前癌状態として扱われます。

しかし、子宮内膜増殖症が癌になるのは、数パーセント程度でしょう。

子宮内膜増殖症は、内膜の細胞に異型が認められない状態なのですが、異型が認められる場合には、子宮内膜異型増殖症と呼ばれます。

子宮内膜異型増殖症も子宮体癌の前癌状態として扱われ、この場合、癌になる確率は3割前後だと言われています。

子宮内膜異型増殖症の場合は、癌になる可能性が高く、また、癌と併発している場合もよくあるようなので、注意が必要です。

子宮内膜異型増殖症は、月経量が多くなったり、月経期間が長くなったりします。

レバー状の経血が出るような場合や明らかに月経量が多い場合などには、必ず婦人科を受診するようにしてください。

子宮内膜異型増殖症の他にも、病気が隠れている可能性が十分にあります。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者