子宮腺筋症ってどんな病気なの?

子宮腺筋症は、婦人科系の病気の一種で、通常、子宮内にあるはずの子宮内膜が、子宮の筋層の中に入り込んでしまう病気です。

子宮内膜というのは、生理の時に血液と一緒に剥がれ落ちますよね。

しかし、子宮内膜が子宮筋層に入り込んでしまっている場合には、入り込んでしまった子宮内膜からも生理の時に出血してしまいます。

このことが病気の原因になると考えられているのです。

子宮腺筋症は、強い腹痛を引き起こすのが特徴で、不妊の原因にもなります。

主に30代後半~50代前半の女性に起こりやすい病気で、強い腹痛以外にも、月経痛、月経過多、不正出血、性交痛、月経困難など、様々な症状が表れるでしょう。

不正出血や月経過多が続くと、貧血になって日常生活に支障をきたすこともあります。

心当たりのある人は、早めに婦人科を受診した方が良いですね。

放置しておくと、どんどん悪化してしまいます。

一般的に、子宮腺筋症の検査には、超音波診断とMRIが用いられますから、できるだけ早く受けるようにしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者