クマを消すメイク法って?

クマを消すメイク法のポイントは、できてしまったクマの上にコンシーラーやコントロールカラーなどをのせることです。

単にファンデーションを厚塗りするだけでは、クマが隠せなかったり、かえって目立ってしまったりしますし、塗りすぎが色素沈着の原因になってますますクマがひどくなることもあるでしょう。

ですから、クマができやすい人は、コンシーラーやコントロールカラーを用意しておくことをオススメします。

ただ、クマの色によっても、使うべきコンシーラーやコントロールカラーの色が違ってくるので、自分ができやすいクマはどのタイプなのかを知っておくことも大切ですね。

例えば、黒いクマをメイクで消したいなら、ファンデーションよりもやや明るめのベージュ系やオークル系のコンシーラーなどを下まぶた全体にのせます。

クリームタイプや筆タイプの柔らかいものを使うと、上手にクマを消せるでしょう。

茶色いクマはシミを隠すメイクと同じ要領で、黄色系やクリームベージュ系のコンシーラーなどを使って自分の肌の色との差をなくしてください。

クマがある下まぶただけでなく上まぶたにも薄く塗るようにするのが上手に隠すためのコツです。

青クマを隠したい時は、ピンク系、オレンジ系、アプリコット系のコンシーラーなどをクマの上から目と鼻の間くらいまでのせます。

どのクマの場合も、仕上げにパールの入ったハイライトやパウダーファンデーションを使うと、さらにクマが目立ちにくくなるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者