鬱病(うつ病)治療として薬物療法

hik021-s

うつ病の治療には、休養、心理療法、薬物療法などが主に行われています。その中でも薬物療法の占める割合は大きく、他の療法と併用して行われることも少なくありません。うつ病で処方される薬物もいろいろなものがありますが、開発された順に大きく分けると、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRIの4種類があります。三環系抗うつ薬は、少し前までうつ病に使用される薬の主流でしたが、口渇、便秘、排尿障害といった副作用が強いうえ、効果が現れるまで2~4週間もかかるというものでした。四環系抗うつ薬は、三環系抗うつ薬に比べて副作用が少ないため、体への負担は少ないものの、うつ病への効果はいくぶん弱いのが特徴です。副作用が少なく、かつ病気への効果が高いものということで、開発されたのがSSRI、SNRIです。SSRIは、神経伝達物質であるセロトニンの再取り込みを抑えることでうつ病の症状を改善させる作用があります。主として不安や落ち込みという症状が強い患者に処方されます。SNRIはセロトニンとノルアドレナリンに作用することでうつ病を改善させる作用があり、意欲低下が強い患者に処方されるでしょう。SSRIやSNRIも副作用が全くないわけではなく、四環系抗うつ薬と比べると症状は軽いですが、頭痛や吐き気などの副作用が出る場合があります。それに、うつ病の薬は、長期間服用を続けると依存症になってしまい、やめることが難しくなります。また、長期服用することで効果が薄くなったりすることもあるので、薬だけに頼るのではなく、他の治療法なども取り入れることをオススメします。服用を急にやめると、離脱症状が現れるので、勝手に服用を中止しないようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者