認知療法ってどんな治療法?

gum14_ph01058-s

うつ病の治療方法のひとつに、「認知療法」というものがあります。

認知療法とは、自分の思考を再確認することによって、うつの症状を改善していくというものです。

一般的にうつ病の方は、考え方が偏っていることが多く、これを「認知の歪み」といいます。

その認知の歪みに自分自身で気付くことによって、自分を見つめ直すのが目的です。

そして、その偏りに気付くことができれば、心のストレスを改善することができます。

うつ病患者に多い認知の歪みは、次の5つです。

・悲観的な思考
・考え方が両極端
・結論を急ぐ
・感情で物事を判断する
・何事も自分のせいにする

うつ病になると、思考が悲観的になりますし、考え方も極端になってしまいがちで、「うつ病はもう治らない」と考えたり、物事を白か黒かの両極端に分けてしまいます。

また、結論を急いだり、自分の感情で物事を判断してしまう傾向が強いです。

それに、何か失敗をしてしまうと、全て自分の責任だと感じてしまうことが多いでしょう。

これらの認知の歪みを少しずつ改善していくことで、うつ病は良くなるはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者