水虫の治療方法

水虫の治療法には、民間療法などを含め、いろいろあります。でも、最も良いのは、病院の皮膚科などに行って、きちんと診てもらうことです。もちろん、水虫に効く薬が市販されており、それで治ることもあるでしょう。また、ネット上では、「水虫が治る方法」などといった情報商材も販売されています。しかし、水虫には種類があり、それぞれの種類によって症状や治療法が異なる上、水虫によく似た別の皮膚病もあります。自己判断で水虫だと勝手に思い込み、市販の薬を使用したところ、実際は水虫ではなかったために症状が悪化したりすることもあるのです。ですので、水虫かな?と思ったら、迷わず専門医に診てもらうことです。それが最も間違いがなく、完治する方法です。病院での治療には、塗り薬と内服薬があります。一番多い水虫である趾間白癬は、塗り薬を使って治療します。風呂上りに1日1回塗るのが、最も効果的とされています。小水疱型足白癬の場合にも、塗り薬が主に使われます。水虫菌が皮膚の深い部分に潜んでいるので、入浴後の皮膚が柔らかいときに塗るのが一番効果があります。内服薬が使用されるのは、角質増殖型足白癬や爪白癬(爪水虫)です。特に、爪白癬の治療では内服薬が用いられますが、完治するには3ヵ月以上毎日薬を服用し続けなければならず、患者にとってはかなり負担です。そこで、昨今登場したのが、パルス療法という、1週間薬を飲んだ後に、3週間は服用を休止し、これを3回繰り返すという療法です。かなり楽になった治療法ですが、医師の指示に従い、服用を守らなければなりません。一方、角質増殖型足白癬の多くは、内服薬と塗り薬を併用して治療が行われます。いずれにせよ、水虫の治療は、完治するまで時間がかかるため、途中で勝手にやめたりせず、根気よく治療に取り組むことが大事です。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者