水虫の場所は足の裏だけではない

水虫というと、足にできるものというイメージがありますが、水虫は足だけに寄生・感染するものではありません。水虫はかかった場所によって呼び方が異なります。頭にできた水虫は、「シラクモ(頭部白癬)」と呼ばれます。白癬菌が頭部に感染・寄生したもので、ヘルメットや帽子をかぶることが多いと頭部の温度や湿度が上昇し、白癬菌が感染・寄生しやすくなるので注意が必要です。感染すると、頭にとてもに強いかゆみが起こり、フケの量が増えて抜け毛の症状が現れることもあります。手にできた水虫は、「手白癬」と言われ、片手にだけに起こることが多いのが特徴です。手のひらにプツプツとした水疱ができ、痒みはありませんが、徐々に角質層が厚くなり、そのうちめくれはじめます。体に白癬菌が感染したものを「ゼニタムシ(体部白癬)」と言います。米粒大くらいの紅色丘疹の形が銭に似ていることから、ゼニタムシと呼ばれています。発疹は円状に広がっていき、足にできる水虫と同じく、炎症や強いかゆみがあります。白癬菌が、股部や陰嚢、お尻などに感染・寄生したものが、「インキンタムシ(股部白癬)」です。若い男性に多く見られる水虫で、最初は、黄色く濁った粘液を持つ水疱ができ、次に丸く環状に広がり、体が温まったときなどに強いかゆみが生じます。インキンタムシは男性だけにおきる病気かというと、そうではありません。インキンタムシをもった男性と性行為を行うと、女性にも感染する恐れがあります。以上の水虫は、足にできた水虫から感染したり、ペットなどから感染することもあるので、注意するようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者