約3ヶ月間で水虫が改善すると言われている水虫の治療方法、「パルス療法」という治療法があることをご存じですか?

水虫の治療方法は様々ありますが、「パルス療法」という治療法があることをご存じですか?ほとんどの方は知らないと思いますので、今回は「パルス療法」について詳しく説明していきたいと思います。一般的には、水虫になると患部に塗り薬を塗って治療していくケースが多いでしょう。でも、パルス療法の場合は塗り薬を使用するのではなく、飲み薬を使用して治療していきます。使用する薬は「イトラコナゾール」という薬で、水虫の原因である真菌を殺菌していく方法なのです。パルスという言葉は、「非常に短い時間の間だけ変化する電流や電波」という意味を持っています。この意味のように、短い期間だけ薬を飲んで治療していくというような意味のある治療法です。薬の飲み方としては、1週間毎日薬を飲み続け、その後の3週間は薬の服用を一旦休止するという方法です。このサイクルを3回繰り返すことで、水虫が改善すると言われています。1週間と3週間で1サイクルが1ヶ月になるので、約3ヶ月間で治療出来てしまうということですね。一旦休止せずに薬を飲み続けた方が効果があるのではないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、パルス療法に使用される薬は、一度飲めば効果を持続してくれるような薬なので、休止期間を設けることで十分な効果を実感出来るということなのです。さらに薬を飲み続けると肝臓に負担がかかってしまいますから、肝臓を休ませてあげる期間を作ることで副作用防止にもつながります。水虫で現在お悩みの方でこの治療法に興味がある場合は、お近くの皮膚科・クリニックに行って聞いてみて下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者