水虫を治療するには飲み薬と塗り薬を併用するのが好ましい場合があります

水虫を治療するには、カビの一種である白癬菌を殺菌して、体内から白癬菌を取り除くような処置を行う必要があります。水虫にかかった場合、一般的には皮膚科に行って治療してもらうのが一番良い方法で完治への近道だと思いますが、皮膚科に行った際には飲み薬や塗り薬が処方されます。飲み薬や塗り薬は、その方の水虫の症状によって処方される薬が異なってきます。例えば、痒みを伴い、指の間がジュクジュクとしているような水虫には、抗ヒスタミン剤が入っているような塗り薬が適しているでしょうし、また、痒みが強い場合など寝ている間などに無意識のうちに掻きむしってしまい、症状を悪化させてしまうこともあるので、同時に飲み薬を処方される場合もあるようです。これは一般的にいう「かゆみ止め」という物で、これも抗ヒスタミン剤などを処方されるケースが一般的です。それでも痒みが治まらない場合は、市販されているスプレータイプの薬をおすすめします。これなら、患部に直接触れることなく、スプレーをするだけで冷却効果や爽快感を味わうことが出来るので、より早く水虫を改善出来るはずです。逆に、足の角質が硬くなってしまうような水虫には、潤いを保たせるためにクリームタイプの塗り薬を処方されることもあります。飲み薬を処方される場合には、「ラミシール」という水虫の原因である真菌の細胞膜を破壊し、殺菌するような治療薬を処方されることが多いでしょう。治療を続けて少し良くなったかな?というところで薬を止めてしまうと再発する恐れがあるので、治ったかな、と自分で思っていても最後までしっかり薬を飲み続けることが早く水虫を治療するポイントです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者