水虫は現代でも増加の傾向にある足の病気として代表的なものです、水虫にならない為に、水虫になりにくいような靴を選ぶことが重要です

水虫は現代でも増加の傾向にある足の病気として代表的なものです。水虫は中年の男性によく見られる病気だと思われがちですが、そうではなく、最近では若い人や女性の間でも水虫の患者さんが増えているのです。その原因の一つが靴。水虫になりにくくするためにも、水虫になりにくいような靴を選ぶことが重要です。それでは水虫になりにくい靴とは?水虫になりにくい靴を選ぶ条件として、蒸れにくく通気性の良い物を選ぶということがあります。女性がよく履いているパンプスや男性が履いている革靴は、とても通気性が悪く足が蒸れてしまうので、当然水虫の発生率が高くなります。しかも、近頃では、夏でも女性はブーツを履いているため、これがまた水虫を発生させやすい原因となるのです。このように、足が蒸れる環境を作ることで、水虫の原因となる白癬菌が増殖する環境を作り出してしまうわけですね。ただ、仕事をしていれば、どうしてもパンプスや革靴を履かなくてはいけないことも少なくないでしょう。そういう場合には、履き方を工夫すればいいのです。例えば、毎日同じ靴を履かないようにすることは、白癬菌を増殖させないためにも重要なことです。休憩中やデスクワーク中はサンダルを履いたり靴を脱いだりするのも、足を風に当て乾燥させて蒸れを防ぐ効果がありますね。靴を脱いだ際に、除菌スプレーなどをかけて靴の中の環境を清潔に保ってあげたりすることも重要なポイントです。靴の選び方だけでなく、履き方を工夫するだけで水虫を予防することは可能なのです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者