水虫の原因って何なのでしょう?

水虫は、日本人の5人に1人がかかっていると言われるほど多い皮膚病です。水虫は、白癬菌というカビが、足などの皮膚の角質層に寄生することで起こります。白癬菌は、人間の爪や髪、角質、動物の毛や鱗などに含まれるケラチンというたんぱく質を好んで栄養源とするカビです。つまり、細菌やウイルスのように生きている身体の細胞に入り込むのではなく、死んだ細胞のたんぱくを栄養源として増殖するのです。白癬菌は、手や体にも感染しますが、9割近くは足に感染します。これは、靴を履くことで足が蒸れ、それが白癬菌にとって住みやすい高温多湿な環境を作るからです。一般に水虫というと、男性がかかるものと思っている人が多いかもしれませんが、昨今は、女性でも水虫に悩まされる人が増えています。これは、ブーツなどの密閉性が高くて蒸れやすい靴を履くことが増えたことや、仕事で一日中、靴を履いたまま過ごす人が増えたためと言えます。水虫は感染する皮膚病です。これは水虫にかかった人の皮膚からはがれ落ちる角質の中でも白癬菌が生きているからで、それを素足で踏んだりして菌が付着することにより感染します。しかし、菌が付着したからといって、すぐ水虫になるわけではありません。洗い流されずに残った菌が傷ついた角質から入り込み、そこが繁殖しやすい環境であると水虫になります。では、どのような環境が白癬菌が繁殖しやすいかというと、高温多湿の環境やアルカリ性の皮膚環境です。つまり、足が清潔に保たれていなかったり、汗で蒸れたままにしておくと繁殖し、水虫になる可能性が高いと言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者