水虫の症状ってどんなの?

水虫は、水虫の原因となるカビの種類と体のどこにできるのかによって、症状が違ってきます。代表的な水虫の症状は、大きく分けて4つに分類されます。もっとも多いのが、足の指の間にできる「趾間(しかん)白癬」という水虫。特に指の間の狭い薬指と小指の間にできやすく、最初は痒みがあり、赤い発疹ができます。症状が進むとかゆみが強くなり、皮膚がジュクジュクして赤くただれたようになり、皮がむけたりします。趾間白癬と並んで多いのが、「小水疱型足白癬」。足全体に小さな水疱ができ、特に指の付け根から土踏まずあたりに症状が現れることが多いのが特徴。痒みはもちろん伴いますが、かかとなどの角質が厚い部分にできると痒みをあまり感じないことも。この小水疱型足白癬と趾間白癬が水虫の90%以上を占め、両方同時にかかることもあります。水虫が慢性化すると「角質増殖型足白癬」になります。足裏全体が厚くかたくなり、次第にひび割れのようになって、こするとボロボロと剥がれ落ちてきます。また、水虫は爪にもおこります。それが、「爪白癬」です。足の水虫を放置している間に、白癬菌が爪に転移してしまい、爪が黄色や白色に変色して厚くなったものです。ただ、痒みはありません。小水疱型足白癬と趾間白癬は急性水虫ともいわれ、薬局の買い薬で治療が可能です。小水疱型足白癬は、夏になると悪化するケースが多いので、夏が来る前に治してしまった方がいいでしょう。角質増殖型と爪白癬は慢性水虫といわれ、医師の処方による内服薬での治療が必要で、完治するには長期の治療が必要になります。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者