頻尿になる原因

頻尿になる原因は人によってさまざまですが、膀胱や前立腺などの泌尿器系の臓器に病気があるかないかで大きく区別します。泌尿器系の病気による頻尿の原因は、男性と女性とで違い、男性の場合だと前立腺肥大症、女性の場合だと膀胱炎が一番多い原因とされています。前立腺肥大症や膀胱炎になってしまうと、炎症によって膀胱が小さくなってしまい、尿を溜めるキャパが狭くなり頻尿を引き起こします。また、常に残尿感があるので、トイレに行って尿を出しきっても、炎症によって膀胱が刺激されてまた尿意が出てきます。泌尿器系の病気でない頻尿の場合、一番多く見られるのは、神経性頻尿です。この神経性頻尿は心因性頻尿とも呼ばれ、主に精神のストレスが原因によって引き起こされます。例えば、通勤や通学などの電車の中で尿意を我慢したりすると、その尿意に対して恐怖感を憶え、我慢すればするほど尿意が増してしまいます。このように緊張感が膀胱に伝わり、それによって膀胱が敏感になってしまい、少し尿が溜まっただけでも、尿意を感じてしまうのです。尿意を我慢できずに失禁してしまったりする過活動膀胱も頻尿によくある原因の一つで、主に中年層によく見られる症状です。これは本人の意志とは関係なく膀胱が縮んでしまう症状で、主に加齢による骨盤底筋群の衰えや下部尿路閉塞が原因とされています。そして、特に女性の場合は、加齢によって女性ホルモンが不足することで膀胱が過敏になり、頻尿や尿漏れにつながるようです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者