夜間に頻尿が多いのはなぜか

夜間頻尿とは、夜寝ている間、昼間起きている時と同様に尿意を感じ、何度もトイレに行くことを言います。通常、昼間に比べて夜間は排尿する回数が減るもので、尿の濃さも昼間と夜間とでは違い、夜中作られる尿の方が濃くなります。しかし、何らかの影響で、ホルモンのバランスが崩れたり、ホルモンの働きが悪くなってしまうと、尿を作る機能に影響してしまいます。すると、夜間であるにもかかわらず昼間と同様の尿を作ってしまうため、それによって夜間頻尿が起こるのです。また、寝る前に水分を取り過ぎると、当然、体内に水分が増えて体が余計な水分を排出しようとするので、夜間頻尿になってしまいます。この夜間頻尿は、男性も女性もほとんどが加齢によるものが原因だといわれています。男性の場合は、加齢とともに前立腺肥大症になる確率が増えていきます。具体的な確率で見ると、55歳で25%、75歳で50%が前立腺肥大症になっているのです。この前立腺肥大症が原因で膀胱の機能が衰えると、夜間頻尿を引き起こします。ですので、50歳を過ぎた男性であれば、誰にでも夜間頻尿になってしまう可能性があるわけです。そして、女性の場合だと、更年期による閉経からくるホルモンの低下で膀胱が敏感になったり、加齢によって尿道や膣の周りの括約筋などがある骨盤底筋群が緩むことにより、失禁や夜間頻尿を引き起こします。それに、女性は男性に比べて尿道が非常に短く、尿道は尿に蓋をする栓の役割も担っているので、男性より女性の方が失禁しやすいのです。このように、女性も男性と同様、歳を取れば誰でも夜間頻尿になってしまう可能性があります。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者