脇臭(ワキガ)対策としてレーザー脱毛。レーザー脱毛では、脱毛のみならず脇臭もなくすことができるといわれていますが、果たして事実なのでしょうか

レーザー脱毛とは、皮膚科や美容外科などの医療機関で行われている脱毛法で、医療用機器として厚生労働省から認可を受けたレーザー照射機を用いて行われます。具体的には、黒い色素のみに集中する特殊なレーザー光線をムダ毛の毛根部に当て、毛根と毛包を燃焼して破壊することで脱毛します。1回の治療時間は5分程度と短く、キズなども残りません。施術後も普通に生活ができ、痛みが少なく、いわゆる永久脱毛が可能であることから人気の脱毛法です。レーザー脱毛では、脱毛のみならず脇臭もなくすことができるといわれていますが、果たして事実なのでしょうか。脇臭は、脇の下にあるアポクリン腺という汗腺から出た汗に含まれている脂肪酸が、細菌などにより分解されるとき臭いを発する物質が生成されることで発症します。このアポクリン腺は、毛根に沿って存在しています。そのため、レーザーにより毛根が破壊されるとき、アポクリン腺もダメージを受けます。その結果として、アポクリン腺から出る汗の量が減ることにつながるのです。また、脇毛がなくなるため、そこで繁殖する細菌を抑えることができることなどから、多汗症の人を除き、脇臭にもそれなりの効果がみられます。しかし、アポクリン腺がなくなるわけではないので、レーザー脱毛は脇臭の根本的な対策にはなりません。なお、レーザー脱毛をした後、脇臭がひどくなることがありますが、これは一時的なものです。レーザー照射によりエクリン汗腺が刺激され、汗の量が増加したためで、しばらくすると治まります。

3000名以上が実践しワキの臭いを解消したという
名医が教えてくれた”わきが”改善法!『Dr,N-BCマニュアル』
実践されたほとんどの方が約1ヶ月でワキの匂いの悩みから解消されています。
実は私も体験済みのワキガ改善マニュアル、詳細はこちら

 

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者