子供のワキガ-ワキガが発症する年齢はどんどん低年齢化する傾向にあります。

gum14_ph09077-s

ワキガの人は脇毛が多いと言われており、ワキガの原因となるアポクリン腺と腋毛は密接な関係があるようです。ですから、一般的にワキガは脇毛の生え始める思春期から出ることが多いとされています。しかし、戦後の頃とは違い、日本人の発育は欧米並みになってきたため、ワキガが発症する年齢はどんどん低年齢化する傾向にあります。昔のように思春期といえば中高生を思い浮かべた時代とは違って、早ければ小学3年生くらいで初潮を迎える子も増えています。つまり、小学生でワキガを発症してしまうケースも最近では増えてきているのです。食生活の欧米化も原因ではないかと言われています。体は大人になっても精神的にまだまだ子どもの小学生では、友達から心無い言葉を投げつけられたり、イジメの原因とならないかと心配する親御さんが増えているようです。子どものワキガは何か特別なものなのではなく、成長が早い子供の場合はワキガの発症も早くなるということなのです。ワキガは遺伝することが知られていますから、ご両親のどちらかがワキガの場合には子どもが発症するリスクは否めません。それが何歳頃で発症するかは成長具合の個人差としか言いようがないでしょう。以前では、思春期と言われる中高生くらいからの発症が多いとされていましたが、現在では、小学生でも発症してしまう子が増えているにすぎないのです。また、近年では、ワキガは治療することが可能になりましたから、子どものうちから手術をと考える親御さんも増えているようですが、くれぐれも慎重にされた方がいいですね。

3000名以上が実践しワキの臭いを解消したという
名医が教えてくれた”わきが”改善法!『Dr,N-BCマニュアル』
実践されたほとんどの方が約1ヶ月でワキの匂いの悩みから解消されています。
実は私も体験済みのワキガ改善マニュアル、詳細はこちら

 

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者