ワキガの治療法はワキガ手術、ボトックス注射、マイクロリムーブ治療、超音波治療などがあります

gum14_ph09077-s

ワキガの対策は、対症療法と根治療法があります。対症療法とは、少しでも臭いが少なくなるよう清潔に保ったり、臭いを抑えるクリームを塗ったり、脇毛の処理をしたりなど、日々の対策を行うことです。これに対して、根治療法とは、「ワキガそのものを治してしまう」ことをいいます。最近では、比較的、簡単に・安全にさまざまな根治療法が行われるようになりました。ワキガ手術も色々な種類がありますから、金額や安全性などメリット・デメリットをよく考えて判断するとよいでしょう。ワキガ治療には、以下のような方法があります。
◆ワキガ手術
皮膚の下のアポクリン腺を手術にて除去。皮膚ごとアポクリン腺を切除してしまう方法・皮膚を切開してアポクリン腺を除去する方法・小さな穴を開けてアポクリン腺を吸引する方法などがあります。
◆レーザー治療
メスを使用せず、レーザーの照射によってアポクリン腺を破壊する手術です。
◆マイクロリムーブ治療
小さな穴から治療器具を挿入して、汗腺を破壊する手術です。
◆超音波治療
小さな穴から超音波機器を挿入し、超音波によってアポクリン腺を破壊する手術です。
◆ボトックス注射
アンチエイジング美容整形などにも利用されるボトックス(ボツリヌス毒素から抽出した成分)を注射する治療方法です。
現在では、このようにさまざまな治療法があります。メスを使わない手術や、脇に小さな穴を開けるだけの手術など危険性も少なくなっています。また、ボトックス注射のような手軽な治療法もありますが、定期的に注射をする必要があります。

3000名以上が実践しワキの臭いを解消したという
名医が教えてくれた”わきが”改善法!『Dr,N-BCマニュアル』
実践されたほとんどの方が約1ヶ月でワキの匂いの悩みから解消されています。
実は私も体験済みのワキガ改善マニュアル、詳細はこちら

 

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者