ワキガは遺伝することが確認されています。そのため、子どもに遺伝するのではないかと悩む方も大変多いようです。

gum14_ph09077-s

残念ながら、ワキガは遺伝することが確認されています。このため、子どもに遺伝するのではないかと悩む方も大変多いようです。ワキガの原因は、脇の下にあるアポクリン腺の数だとされています。アポクリン腺は全身にある汗腺とは違う汗を出す器官ですが、その数が多いとワキガになるとされているのです。そして、そのアポクリン腺の数は遺伝すると言われているんですね。ワキガの体質は優性遺伝のため、両親のどちらかがワキガ体質を持っているだけで、その子どもに発症する可能性があります。また、両親が揃ってワキガの場合には、その子どもはワキガのダブルファクターになる可能性もあります。ダブルファクターとは、両親から各一つずつもらった遺伝子の両方がワキガ体質ということです。優性遺伝とはどちらか一つだけでも受取れば、つまり、シングルファクターでも発症するものなのです。でも、両親がともにワキガの場合には、その子どもはダブルファクターになる可能性があり、その場合にはその子どもは100%ワキガ体質が発症してしまうことになります。遺伝子は全て、両親から各一つずつもらった二本で一対になっています。父がワキガのシングルファクターで、母がワキガ体質ではない場合、以下のようになります。
父 Aワキガ体質 Bワキガ体質ではない/母 Cワキガ体質ではない Dワキガ体質ではない
この場合、子どもは以下の様な割合でワキガ体質になるのです。
父A・母Cと父A・母Dの遺伝子をもらった場合は、ワキガ体質シングルファクター・・・50%
父B・母Cと父B・母Dの遺伝子をもらった場合は、ワキガ体質ではない・・・50%
両親ともにワキガ体質シングルファクターの場合は、以下のようになります。
父 Aワキガ体質 Bワキガ体質ではない/母 Cワキガ体質 Dワキガ体質ではない
父A・母Cの遺伝子をもらった場合は、ワキガ体質ダブルファクター・・・25%
父A・母Dと父B・母Cの遺伝子をもらった場合は、ワキガ体質シングルファクター・・・50%
父B・母Dの遺伝子を貰った場合はワキガ体質ではない・・・25%
両親のどちらかがワキガ体質ダブルファクターの場合
父 Aワキガ体質 Bワキガ体質/母 Cワキガ体質ではない Dワキガ体質ではない
全ての組み合わせで、子どもはワキガ体質シングルファクター・・・100%

3000名以上が実践しワキの臭いを解消したという
名医が教えてくれた”わきが”改善法!『Dr,N-BCマニュアル』
実践されたほとんどの方が約1ヶ月でワキの匂いの悩みから解消されています。
実は私も体験済みのワキガ改善マニュアル、詳細はこちら

 

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者