温熱性発汗ってどういう意味?

gum14_ph09077-s

温熱性発汗って、どういう意味か知ってますか?

温熱性発汗とは、簡単に言うと、体温調節の為に出る汗の事です。

気温が上昇したり、食事の時、スポーツをして体を動かした時など、体温が上がりますよね。

すると、脳が約37℃に体温を保つようにと、指令を出すんです。

その指令を受けて、エクリン腺という汗腺から汗が分泌されて、体温が上がらないようにしてくれています。

これは普通のことであって、沢山エクリン汗が出る人もいますが、これは多汗症ではなく、自然なことなんです。

そして、緊張したり、驚いた時に出る汗も、この温熱性発汗です。

もし、温熱性発汗がなければ、体温調節ができなくなる為、体の中に熱がこもって熱中症になってしまい、生命が危うくなる可能性が非常に高くなります。

汗をかくのは嫌だという人も結構いますが、これは至って普通のこと、生命維持に不可欠なことなのです。

温熱性発汗は、人間の体に備わった素晴らしい機能だということを覚えておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者