多汗症の症状が出やすい部位ってどこ?

gum14_ph09077-s

多汗症の症状が出やすい部位を紹介します。

・手のひら
・顔
・わきの下

これらが多汗症の症状が出やすい部位になります。

中でも、最も多汗症の症状が出やすい部位が、手のひらです。

緊張やストレスなどの精神的なもので、多汗症になると言われていますが、手のひらは驚くほどボトボトと汗が出る場合があります。

それに、手のひらに汗が出ていると、足の裏にも汗が出ていることが多いでしょう。

手のひらと足の裏は連動しているらしく、手のひらと足の裏に大量の汗をかいてしまうことを「手掌足蹠多汗症」と言います。

次に、顔ですが、顔から大量の汗が出るのは隠すことが出来ないので、かなり恥ずかしいものです。

その恥ずかしさや緊張などが精神的なストレスとなり、さらに汗を出してしまう原因にもなってしまいます。

最後に、わきの下ですが、わきの下もシャツなどを着ていると、わきの部分が濡れてしまって、目立ってしまうでしょう。

また、ネバネバした汗だと、服が黄ばんでしまうこともあります。

近年は、わきの部分に付けるパットも販売されていますから、上手く利用するといいかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者