老化の原因は活性酸素による細胞や組織の酸化が原因であると言われてきました

gum14_ph08023-s

近年では、老化の原因は活性酸素による細胞や組織の酸化が原因であると言われてきました。ですから、組織や細胞を酸化から守ることがイコール老化防止につながり、美容と健康の維持に役立つとされてきたのです。2005年には、アメリカの科学誌「サイエンス」に日米合同の研究チームによる論文が掲載され、「老化に活性酸素は関与せず」という内容であったことが世間を賑わせたこともあります。でも、活性酸素が人間の体に良くないことだけは事実のようで、活性酸素が全く老化に関与していないと確定したものではなかったようです。実際、医療分野でも成人病や動脈硬化など加齢と共に増えるさまざまな病気の治療に抗酸化物質を利用しています。抗酸化物質は特に生活習慣病を防止する効果、癌や動脈硬化など老化に伴って発症率が増加する疾患の予防効果があるとされており、サプリメント等にも多く利用されていますね。また、女性の美容効果・アンチエイジング効果を高めるための化粧品などにも利用されていますし、食品の防腐剤としても利用されているのです。抗酸化物質とは、その名の通り、酸化を防止する物質のことをいいます。この物質の抗酸化作用によって細胞や組織を酸化から守れば、細胞や組織を少しでも若い状態に保てるというもので、実際に一定の効果が得られているのも事実です。ただ、これらの研究はまだ全てが解明されたわけではありません。現時点でいえることは、少なくとも活性酸素が決して体に良いものではないことと、老化防止のためには少しでも酸化を防いだ方が良いということくらいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者