敏感肌用に作られた化粧品でメイクを楽しんでください

gum14_ph05002-s

一般的に、「メイクはお肌に良くない」と言われていますね。確かに、肌が敏感になっている時は、極力刺激を避ける方が良いに決まっています。けれど、刺激を避けるあまり肌に何も付けてない状態ですと紫外線対策も不足してしまいますし、何より自分に自信が持てなくなってしまうでしょう。最近では、敏感肌用に作られた化粧品も多く出回っていますので、そのような化粧品を選ぶようにしてメイクを楽しんでください。ただ、やはり気をつける点はあります。たとえば、パウダータイプのファンデーションは乾燥する為に敬遠する方が多いようですが、肌への刺激になる界面活性剤を使用していないと言った利点があります。また、目を大きく見せようとする過剰なアイメイクも注意が必要です。目の周辺の皮膚はとてもデリケートなので、メイクの刺激でかぶれてしまう可能性もあります。メイク時にスポンジやブラシを使用する際も、刺激にならないように優しく扱うようにしてください。特にブラシの場合は、毛を立てて使用する事で肌への刺激が大きくなってしまいます。最後に、メイク後のクレンジングにも気をつけましょう。クレンジングは、メイクの汚れと一緒に肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。クレンジング、または洗顔後は、保湿を十分にしてあげる事が大切です。それに、最近では拭き取るタイプのクレンジングが人気ですが、拭き取る事で肌への刺激になります。また、メイクが肌に残ってしまう可能性も高いので、出来れば使用しないようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者