紫外線と敏感肌の関係

紫外線が敏感肌にどんな関係があるの?と思う人もいるかもしれませんが、美肌の大敵である紫外線は、敏感肌にも大きな影響を与えています。紫外線を浴びていると、肌の水分が奪われて乾燥した状態になってしまうのです。そうすると、肌を保護してさまざまなトラブルから肌を守る、肌のバリア機能を持つセラミドが減少します。セラミドが少ない肌は、外からの攻撃に弱くなります。その状態で紫外線をさらに浴びてしまうと、バリアが失われた状態の肌は、大きなダメージを受けてしまうのです。こうして肌老化が進み、さらに外部からの抵抗に弱くなってしまうため、肌もどんどん敏感になってしまいます。また、特に春先は紫外線の影響に注意が必要です。冬の間に、肌は乾燥などのストレスがたまっていきます。その肌が春に一気に紫外線を受けると、強烈な刺激となります。こうした影響を避けるために、一年中紫外線対策に気を抜いてはいけません。紫外線対策というと、やはりUVカット化粧品を使うことになりますが、乾燥肌の人は商品の選び方には特に注意が必要です。できるだけ、無香料・無着色・アルコール無添加など、余分な添加物が配合されていないもので、低刺激で肌への負担の少ないものを選びましょう。紫外線を物理的に乱反射させて皮膚に影響を及ぼすのを防ぐ、紫外線散乱剤が主成分となっているものを選ぶのもポイントです。オーガニックコスメなら、肌にやさしい成分だけで作られているので、敏感肌の人でも安心して使えるものが見つかると思います。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者