更年期障害対策としてアロマテラピー

gum14_ph04001-s

更年期障害と聞いて、あなたはどんな症状を思い浮かべるでしょう。一般的には、「汗が増える」「イライラすることが増える」「のぼせ」「疲れが取れない」「うつ」「不眠」などがよく知られていると思います。それ以外にも、関節の痛み・肩こり・頭痛・体重増加・吐き気・喉の渇き・目眩・性欲減退・頻尿・皮膚のかゆみなど、さまざまな症状があるのです。そして、それらの症状の中にはストレスや精神的なものも同時に起こることが多く、アロマテラピーはそういう面で効果を発揮します。アロマによって肉体的な症状を劇的に改善することは難しいでしょう。でも、イライラする心を落ち着かせたり、不眠症を改善したりする効果を得られることは多いようです。アロマオイルの種類によっては、女性ホルモンに似た働きを持つものやホルモンバランスを整えるものもあります。そういったオイルを選ぶことで、更年期障害の症状が緩和する可能性は十分にあるでしょう。例えば、安眠にはカモミールや檜・バジル・ラベンダーなどが効果的なのが知られていますよね。頭痛には、カモミール・グレープフルーツ・ジャスミン・檜・ペパーミント・ユーカリなどが効果的だと言われています。ストレスには、カモミール・ジャスミン・ゼラニウム・檜・ペパーミント・ラベンダー・レモングラスなどが効果的でしょう。また、更年期障害にピッタリの女性ホルモンの働きを促すものには、カモミール・グレープフルーツ・ゼラニウム・ラベンダーなどがあります。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者