更年期障害対策としてツボ刺激を試してみてはいかがでしょう

gum14_ph01058-s

更年期障害とは、閉経前後に女性ホルモンが減少することによって起こるさまざまな症状を言います。昔は更年期障害といえば、女性特有の症状とされてきました。でも、最近では、ほぼ同じくらいの年代で男性にも男性ホルモンの減少による体調不良や精神の不安定感などが起きる人がいることが確認されています。いずれにしてもその症状は人それぞれで、症状の強弱も個人差が大きく、殆ど感じないという人もいれば激しい症状を訴える人もいます。女性の更年期障害では女性ホルモンの減少が原因であることが分かっているのですから、病院で女性ホルモンを投与してもらうという治療法が行われることもあります。ただ、女性ホルモンの投与による副作用が強く見られることもあるので、あまり推奨されていません。食事療法や生活習慣の改善、薬やサプリメント等さまざまな症状緩和の方法がありますが、その効果も個人差が大きく、またその辛さを他の人には分かってもらえないというのも更に辛いところです。場合によっては、精神的に苛つくことが多く、家族や周囲の人に嫌な思いをさせてしまうこともありますから、本人はとても苦しい思いをします。なかなか症状が緩和しない場合には、ツボ刺激を試してみてはいかがでしょう。
◆ホルモンの分泌を改善
・三陰交
くるぶしの上に掌らを横向きに置き、手の親指の第一関節の辺り
・血海
膝のお皿の上の凹んだ所
◆ホルモンバランス改善
・湧泉
足の裏の人差し指の下の凹んだ所

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者