更年期障害の症状を緩和する目的の薬があります

105

更年期障害の薬には、幾つかの種類があります。まず、その一つが市販されているサプリメントの類で、「更年期障害用」と特定されているわけではなく漢方薬など体質改善を目的としたものや、特定の症状を緩和する目的のものが沢山販売されています。これらを自分の状況に合わせて利用している人も多いことでしょう。次に、市販されている更年期障害の症状を緩和する目的の薬があります。市販されている薬も各メーカーから沢山の種類が販売されていますが、その中でも特に有名なのは、「命の母A」と「ルビーナ」でしょう。CMで見かけることも多いですから多くの方がご存知だと思いますが、それ以外にも各メーカーから様々な薬が販売されています。次に、治療を目的として医師から処方される薬があります。病院での薬物治療は基本的に、「減少している女性ホルモンを補充して症状を緩和する」というものです。エストロゲンとプロゲステロンを症状や状況に合わせて投与しますが、副作用が強く出たりすることも多いため、医師も「どうしても」の要望がなければ進んでホルモン補充療法をすることはないようです。ホルモン補充以外に医師から処方される薬の中には、睡眠障害の改善や精神安定を目的とした睡眠導入剤や精神安定剤などが処方されることもあります。これらは医師の処方箋がなければ使うことが出来ない薬ですが、市販薬の中にも比較的幅広い層に効果が見られる薬も多くありますから、それらを利用するのもよいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者