更年期障害の治療方法

gum14_ph01008-s

更年期障害は、更年期と呼ばれる40歳~55歳に、卵巣機能の低下によって閉経が生じ、その閉経が原因で女性ホルモンの分泌量が減少して自律神経の働きが乱れ、頭痛や動悸、不眠やイライラなど、精神的にも肉体的にも不調があらわれます。更年期と言うのは、生きていれば誰でも迎える時期だと言えるでしょう。まれに更年期にさしかかってもこのような症状が出ず、何事もなく過ごせる人もいるようですが、ほとんどの人が何らかの症状があらわれ悩んでいます。また、症状といっても、その人によって症状の出方は異なり、なんか火照るのに体は冷えていたり、便秘がちなのに突然下痢になってしまったりと症状が矛盾してあらわれるのが、更年期障害の特徴であるとも言えます。このような更年期障害による症状の背景のほとんどの原因が、加齢による女性ホルモンの減少や乱れによるものなので、病院では女性ホルモンを充填する方法が主な治療法とされています。このホルモン充填治療は、症状の重い人にとても効果があります。それに、特定の症状を緩和する対症療法としては、抗うつ薬や漢方薬、頭痛薬、睡眠導入剤などを服用する場合もあるでしょう。民間療法としては、食事制限やサプリメントの摂取など、家庭でもできる方法もあるので、病院での治療と併せて実践している人も多いようです。また、男性でも更年期障害が起きるとされており、女性の更年期障害と比べ、症状の進行がゆっくりでなかなか気づきにくいのですが、女性と同様に早めの治療を必要とします。男性の場合には、男性ホルモンの分泌量の減少が主な原因になるので、病院では男性ホルモン充填治療が行われます。症状によっては、漢方薬やED治療薬などを服用する場合もあります。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者