若年性更年期障害とはどんな病気なのか

更年期障害とは、加齢による卵巣機能の低下により、女性ホルモンの分泌量が著しく減少し、それによって自律神経の働きが乱れ、めまいや頭痛、不眠などといった症状を引き起こしてしまうことです。更年期と言われる40歳~55歳ぐらいの女性に見られる症状なのですが、これと同じ症状が20代~30代の若い女性にも見られることがあります。これを若年性更年期障害と言います。更年期障害では、閉経が直接的な原因となります。でも、若年性更年期障害は何らかの原因で卵巣機能が低下することによって引き起こされます。もし、この状態を放って置くと、最悪の場合、若くして閉経してしまう可能性もあるのです。なぜ、若い人でも卵巣機能が低下してしまうのかというと、時代の移り変わりとともに、女性への内的外的要因が増えてきているためです。まず、太りすぎや痩せすぎといった過度なダイエットやリバウンドが原因で、ホルモンバランスが崩れ、生理不順を引き起こしたり月経が止まってしまうことがあります。あと、アスリートなど激しい運動をする人は、食事制限や厳しいトレーニングを行うため、精神的苦痛からのストレスなどでホルモンバランスを乱してしまいがちです。そして、何より一番多い原因として、過度のストレスの溜め込みがあります。仕事や育児、家事など、さまざまな要因でストレスを溜め込むことで、ホルモンバランスを乱してしまうのです。女性の社会進出の増加など、時代の移り変わりとともに、ストレスを抱える女性が増えてきているのでしょう。ホルモンバランスを崩さないためにも、できるだけストレスを抱え込まないようにして、規則正しく生活をしていくことが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者