腰痛の原因としてよくあるのは、筋肉痛です

sic223-s

腰痛というと、何となく年寄り臭いイメージがありますが、実は若い人にも腰痛が増えているのをご存知でしょうか?腰痛と一言で言っても、その原因や種類は全然違います。例えば、原因としてよくあるのは、筋肉痛です。運動に限らず、仕事や家事などで起きることもあります。次に、こりがあります。肩こりのように、血行が滞ってこってしまった状態でも腰に痛みを感じます。これは、長時間腰を曲げたような変な姿勢を続けていると起きます。また、老化に伴って増えてくるのが、関節の軟骨がすり減って起こる腰痛です。おそらく腰痛が年寄り臭いというイメージは、この腰痛から来ているのでしょう。しかし、腰痛の原因はそればかりではありません。俗に言うぎっくり腰は、いきなり腰に力を入れた時に突然起きることが知られています。これらは全て、腰自体に問題があって起きた腰痛ですが、場合によっては内臓疾患が腰痛として現れるということもあります。例えば、すい臓がんなどの場合、殆ど自覚症状がないと言われているのですが、末期になってくると腰痛として自覚症状が現れることもあるのです。このように、腰痛といっても腰の筋肉や骨に問題が発生して起きる腰痛と、内臓疾患が原因で起きる腰痛があり、どちらかと言えば後者のほうが恐ろしいと言えます。特に腰痛の原因に心当たりがないのに、何となく腰に鈍い痛みを感じるようになったら、ぜひ健康診断を受けてください。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者