腰痛や肩こりなどには、温泉がよく効くと言われています

sic223-s

腰痛や肩こりなどには、温泉がよく効くと言われていますよね。では、実際にどんな効果があるのでしょう?一言で温泉といっても、場所によって温泉の種類に違いがあります。日本の温泉にも沢山の種類がありますが、特に多いのは特定の成分が一定量以下の単純温泉です。その他にも、肌がつるつるになる重曹泉、リュウマチなどに効果があるとされているラジウム泉、硫黄の匂いがきつい硫黄泉、塩分が含まれている食塩泉などがよく知られているでしょう。そして、それらの温泉では、それぞれ効能にも違いがあります。実は、温泉の効能については、科学的に何らかの証明がされているわけではないのですが、臨床的に「効果アリ」とされているのです。一般的に、腰痛に効くとされているのは以下のような温泉です。
・幅広い効能があるとされている単純泉
・神経痛などに効果があるとされるナトリウム・硫酸塩泉
・鎮静効果があるとされるマグネシウム・硫酸塩泉
・リュウマチなどに効果があるとされているラジウム泉(放射能泉)
代表的なのは以上の泉質を持つ温泉ですが、腰痛の多くは温めることで痛みの抑制効果が見られることから、ほとんどの温泉で効能を謳っています。温泉で腰痛を改善するためには、ちょっと旅行に行って温泉に浸かるという程度のことでは足りません。基本的には、湯治と呼ばれるやり方で、3~4週間、毎日一定時間温泉に入ることで自然治癒力などを高めて、腰痛を改善するのです。費用的にも時間的にも、温泉で腰の痛みを改善するのは難しいかもしれませんね。温泉成分の含まれた入浴剤を毎日家庭で使うことでも、ある程度の効果は期待できるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者