妊娠中に腰痛になりやすいのは腰に負担がかかるから

sic223-s

妊娠中には腰痛になりやすいというのは、よく知られた話です。お腹が大きく重くなるのですから、負担がかかるのは当たり前なのですが、実はお腹が重くなるだけが腰痛の原因ではありません。単純に体重だけで言えば、もっと太っている人はたくさんいますよね。太っていれば腰に負担がかかるのは当然ですが、妊婦さんのように腰痛が出るとは限りません。妊娠中の妊婦さんが腰痛になるのは、やはり、お腹が大きくなり始める頃からです。しかし、それは重いからという訳ではなく、実際には妊娠中に増える体重は10kg未満に抑えるように医師から指示をされますから、体重だけが大きな負担というわけではないのです。妊婦さんの場合は、お腹だけがせり出す形で大きくなります。この為、常にバランスを取らなければなりませんから、必然的に背中をそらすような姿勢で立つことが多くなるでしょう。この身体を反らすような姿勢は、非常に腰に負担がかかります。それだけでなく、お腹が大きくせり出してくると、足元がほとんど見えません。特に階段を降りる時には、身体を横に傾けるような感じで、足元を確認しながら一歩一歩慎重に降りなければ危険です。この不自然な姿勢も、とても腰に負担がかかります。また、寝る時にも、お腹の中にいるのは赤ちゃんですから、お腹が大きくなってくるとお腹が潰れるような体勢では眠れなくなります。仰向けで寝ると、お腹の重さが寝ていても腰の負担になるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者