腰痛には腰に負担をかけないような運動が望ましい

sic223-s

スポーツ選手や力仕事をする肉体労働者に腰痛持ちが多いのは、ご存知の人が多いことでしょう。何故なら、腰に負担がかかるような動きを日常的に行なっているからですね。最近では随分変わりましたが、昔の日本の運動部やスポーツ選手の練習というのは、過酷なら過酷なほど良いという風潮がありました。肉体に負担をかけるほど身体が鍛えられ、上手になると信じられていたのです。しかし、それは体に負担を掛けるだけで、後に特に足腰を故障してしまう人が多く出ました。腰痛は腰の周りの筋肉を鍛えれば改善するとも信じられていましたが、最近ではその論理にも疑いが持たれ始めています。つまり、出来るだけ負担をかけないような運動が望ましいということになります。それは例えば、フォームにも言えることです。正しいフォームであれば負担は少なくて済みますが、しっかりとしたフォームが身についていないと身体の余計な部分に負担がかかり故障の原因となってしまうのです。なるべく腰に負担がかからない良い姿勢で運動をすれば、激しいスポーツでも問題にはなりません。でも、腰に負担がかかるような体勢で行なってしまうと、軟骨がすり減ったりするような事が起きてしまうのです。人間は立った時に横から見て、背骨が軽いS字カーブを描く状態の姿勢が一番腰に負担がなく望ましいと言われています。猫背の場合には、体重が前方にかかってしまう為、バランスを取るために腰に負担がかかるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者