腰痛には電気治療が効く?

sic223-s

腰痛に電気治療が効くのかどうかということについては、賛否両論あるようです。

腰痛に対する電気治療の効果は、科学的には証明されていないからです。

しかし、この治療による効果の有無についての研究では、一定の原因による腰痛には効果があったという報告もあるそうです。

腰痛の電気治療は、患部に電流を流して筋肉に刺激を与え、腰の奥の筋肉を緩める効果や筋肉のトレーニング効果があるとされています。

大きく分けて、低周波刺激(SSP)、中周波(EMS)、干渉低周波の三種類の治療があります。

SSPはツボに低周波を当てて疼痛を軽減しようとするもの、EMSは筋肉に刺激を加えて筋収縮を行わせ、マッサージ効果と筋力アップ効果を狙う治療法です。

電気治療が行われるのは、主に筋肉疲労などが原因となっている腰痛で、ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症には効果がありません。

整骨院などで電気治療を受けると、なんとなく腰の痛みが楽になる、というのは多くの患者さんが経験していることですので、科学的根拠は別として、それなりの効果が認められると言っていいのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者