腰痛になる原因とは?

sic223-s

腰痛になる原因は人により様々で、しかも、複数の要因が複雑にからみ合っている場合がほとんどでしょう。

もちろん、明らかな背骨の疾患や腰の関節や筋肉の疲労、内臓の疾患の影響によるものなど、身体的な原因から腰痛になる人が多いと思います。

しかし、最近では、心理的な要因からも腰痛が起こるということが、社会的に認知されてきています。

つまり、ストレスも腰痛の大きな原因のひとつとなるのです。

中には、精神的ストレスだけで腰痛を引き起こす人もいます。

それに、同じように腰に負担のかかる作業をした場合、腰や背中の筋肉にかかる負担が、精神的な負担やストレスを抱えている人の方により大きくかかることがわかっているのです。

また、腰痛を心配して運動を避けすぎることも、逆に腰痛を悪化させる原因となってしまいます。

腰回りの筋肉が運動不足によって硬くなると、柔軟性に欠けてしまうため、ちょっとしたことで腰に痛みを感じるようになります。

長時間の同じ姿勢が腰に大きな負担をかけることも、多くの人が経験済みでしょう。

ニ足歩行をしている以上、避けられないのが腰痛だと言いますが、できるだけ腰の周りの筋肉を鍛えるなどして、予防したいものですね。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者