腰痛ってどんな症状が出る?

sic223-s

腰痛ではどんな症状が出るのでしょうか。

よく知られている代表的なものとしては、俗にいうぎっくり腰(腰椎捻挫)があります。

これは、普段から腹筋や背筋が弱い人、なんらかの事情で腰に負担が慢性的にかかっている人などに起こりやすく、日常のちょっとした動作が引き金となって、急激な痛みに襲われて動けなくなる状態です。

これとは別に多いのが、椎間板ヘルニアです。

骨と骨とをつなぐ椎間板に亀裂が出来て、そこから組織の一部が飛び出し、神経を圧迫することで痛みが起こります。

また、長年の腰への負担がもとで、腰椎が変形したり、そのために神経が圧迫されたりと、年齢を重ねるとともに腰部変形性脊椎症や腰部脊柱管狭窄症などといった症状が出てきます。

こうした具体的な理由がなくても、腰痛に悩まされている人は多く、ある程度の年齢になって腰痛の症状を体験したことがないという人は、皆無と言ってもいいのではないでしょうか。

腰に激痛が走るだけでなく、いつもダルい、曲げると痛い、座りっぱなしの仕事が辛いなど、腰痛の辛さは人それぞれと言えるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者