デスクワークをしていると腰痛になりやすい?

sic223-s

デスクワークをしている人は、どうしても腰痛になりやすい傾向があります。

立っている方が腰に負担がかかると思われがちですが、実は椅子に座っている時の方が、腰には大きな負担がかかっています。

上半身の体重が、全て腰にかかってしまうからです。

デスクワークをしている人は、仕事上、一日中椅子に座りっぱなしの状態が続きます。

しかも、それが毎日ですから、腰への負担が蓄積してしまうのです。

また、姿勢が悪い、腰に悪い椅子を使っているなどの悪条件が重なると、腰痛の悩みも深刻なものになりがちでしょう。

できるだけ腰への負担を減らすために、最低でも1時間に数分は立って歩くようにしたり、休憩時間に軽くストレッチをするなどして、筋肉のこわばりをほぐしてあげるようにして下さい。

ふくらはぎや膝周りのマッサージも効果があります。

その他、仕事を離れたら軽い運動をしたり、腹筋や背筋を鍛えるトレーニングをするのも効果的です。

慢性的な腰痛になってしまったら、痛い部位をマッサージしたり、湿布を貼ったりしても、それほど効果が期待できません。

予防策として、腰回りの筋肉の柔軟性を保てるようなストレッチなどは欠かさないようにしたいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者