後頭部に痛みを感じる頭痛の場合、くも膜下出血という病気が疑われる

一言で頭痛と言っても、ドクドクと脈を打つようにこめかみ辺りが痛かったり、頭が締め付けられるような痛みを感じたり、痛みの強さや痛みを感じる部分も様々あると思います。頭痛持ちの方の中で、毎回後頭部に痛みを感じるという方はいらっしゃいますか?後頭部に痛みを感じる場合、くも膜下出血という病気が疑われる場合もあるでしょう。くも膜下出血の場合には、急激に後頭部に痛みを感じることが多く、死に至るケースもあります。もし、後頭部に急激な痛みを感じたのであれば、すぐにでも病院へ行って、医師の診察を受けて下さい。また、後頭部の痛みで、右か左のどちらかが痛いということはありませんか?このように、左右どちらかの痛みを慢性的に後頭部辺りに感じている方の場合は、緊張性の頭痛を疑った方が良さそうです。近年では、パソコンを使ったデスクワークをしている人が多くなりました。書類などをパソコンで作成したりしているため、昔よりも目をよく使うようになり、目の疲れを感じることも多くなっています。その眼精疲労が肩こりに繋がり、肩こりからくる偏頭痛に悩む方も増えているのです。長時間パソコンを使ってデスクワークをしていると、つい同じ姿勢でいる時間が多くなります。その結果、背中や肩、首の筋肉が凝り固まってしまい、本来持っている柔軟性が失われてしまって痛みを生み出してしまうのです。まずは、肩こりや筋肉の緊張をほぐしてあげることが大事です。仕事をしている最中でも適度に休憩をとって、肩だけを上げ下げしてみたり、肩を回してみたりして、滞ってしまっている血流を流してあげる必要があります。帰宅した際には、ホットタオルや湯たんぽなどで肩や首を温めてあげると、緊張していた筋肉もほぐれ、緊張性の頭痛を防ぐことが出来ますよ。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者