花粉症と頭痛の関係

冬が終わるにつれて気候が暖かくなってくれるのは嬉しいことなのですが、花粉症をお持ちの方はもうこの時期から対策をとらないと、これからが花粉症本番で体がきつくなってしまいますよね。花粉症をお持ちの方で、目の痒みや鼻水の他に、頭痛も同時に発症するという方はいらっしゃいますでしょうか?花粉症と頭痛というのは、全く無関係のようにも思えます。でも、実際に、花粉症の時期になると、目や鼻の症状以外にも頭が重くなったり、頭痛が起こったり、めまいを起こす方もいらっしゃるそうなのです。花粉症と頭痛のはっきりとした関係性は、今のところ解明されていません。ただ、副鼻腔炎、いわゆる、蓄膿症が頭痛の原因になっている可能性もあるでしょう。花粉症というのは、スギなどの花粉に対するアレルギー症状の一種です。花粉症を発症すると、ほとんどの方が悩まされるのが、大量の鼻水や鼻づまりですよね。このアレルギー性鼻炎には、鬱陶しくてつらい以外にも、鼻の粘膜が腫れやすいという特徴があります。鼻の粘膜が腫れやすいと、蓄膿症にかかりやすくなってしまいます。この蓄膿症は、様々な種類の頭痛を引き起こす要因にもなりうると考えられているのです。蓄膿症というのは、副鼻腔という穴に膿がたまり、炎症を起こすことをいいます。炎症を起こして副鼻腔と鼻腔を結ぶ通路が腫れ上がってしまうことで、穴が閉塞してしまいます。それが原因となって、頭痛が起こることが知られています。ですので、花粉症で頭痛が起こっているのではなく、蓄膿症を発症しているために頭痛が起こっている可能性があるのです。花粉症と頭痛を同時に発症した場合には、一度病院へ行って正確に診断してもらった方がいいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者