頭痛と一言で言っても、その原因や症状は様々あります

普段何気なく生活している中で、突如襲ってくる頭痛に悩まされている方は、約3000万人いると言われています。ただ、頭痛と一言で言っても、その原因や症状は様々あります。そもそも頭痛には、二種類あって、「偏頭痛」と「緊張性頭痛」とがあり、この二つは原因も違います。まずは、偏頭痛から説明していきましょう。目の辺りからこめかみにかけて、ズキンズキンと脈を打つようにして痛みが起こる頭痛が偏頭痛です。脳の血管が拡張すると周辺の神経が刺激されるのですが、神経が刺激されることによって炎症物質が生成され、頭の血管が急激に拡張することで偏頭痛が発症します。このような症状が起こる原因は、割とハッキリしています。このような痛みを感じる方のほとんどは、ストレスを日常的に感じていたり、仕事や家事などが忙しくて、思うように睡眠時間をとることが出来なかったりしているはずです。つまり、ストレスや疲れが原因で、偏頭痛が起こるのです。また、頭全体がしめつけられるような痛みを感じたり、急激に頭が重い感じになることはありませんか?このような症状を感じているようであれば、緊張性頭痛です。緊張性頭痛の原因として代表的なのは、長時間のパソコンでの作業でしょう。パソコンによる目の酷使や同じ姿勢でいることによる肩や首の筋肉の緊張が、血流が悪くして頭痛を引き起こすのです。緊張性頭痛は、血行が悪かったり、精神的・肉体的ストレスを日頃から感じている方に多く見られます。もし、ご自身の症状がどちらにでも当てはまる場合には、一度病院へ行って診察してもらってください。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者