頭痛には、偏頭痛と緊張型頭痛とがあります

頭痛には、偏頭痛と緊張型頭痛とがありますが、ここでは緊張型頭痛について詳しく説明していきます。日本国内で頭痛で悩んでいる患者さんは、約3000万人いると言われています。その中でも、緊張型頭痛の患者さんが半分以上をを占めていると言われているのです。突発的に発症する偏頭痛と違って、緊張型頭痛は首や肩の筋肉が緊張することによって血流の流れが悪くなり、大体は後頭部の左右どちらかに痛みが発生します。緊張型頭痛の痛みが発生する細かいメカニズムを説明しますと、パソコンで長時間作業をしていると同じ姿勢でいることが多かったり、長時間パソコンを眺めていることにより、目を酷使しています。その状態が続くと、肩や首周辺の筋肉に乳酸などの疲労物質と言われている物がどんどん蓄積されます。そのため、血行が悪くなって疲労物質が神経を刺激することになってしまい、痛みが発生してしまうのです。緊張型頭痛は、眼精疲労や精神的・肉体的ストレスが痛みの発生と関係しているとも考えられています。どのような痛みが発生するかと言うと、痛みと言うよりは最初は頭が重たく感じるようになり、除々に圧迫感や頭が締め付けられるような感じを覚えるようになります。一瞬で激痛が発生するわけではありませんが、比較的長時間にわたって痛みが持続しやすいのが特徴です。ひどくなると、頭痛だけでなく、めまいや体のだるさを感じることもあるでしょう。緊張型頭痛を予防・解消するには、日頃からなるべくストレスを溜め込まないようにすると良いですね。現代社会でストレスを溜め込まないようにと言われても、なかなか難しいかもしれません。でも、入浴の際はゆっくり湯船につかって、マッサージを行いながら血行を良くしたりすると、ストレス解消にもこの頭痛の予防にもなります。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者