薄毛を治せる薬を作ることが出来たらノーベル賞が貰える

薄毛が治療で治せるなら、誰も苦労はしないでしょう。薄毛を治せる薬を作ることが出来たら、ノーベル賞が貰えると言われています。これだけ科学が発展した現代でも、薄毛を治すということがどれだけ困難で難しいことなのかを象徴していますよね。最近では、AGA(男性型脱毛症)専門の医院が増えており、プロペシアやロゲインといった、現段階では比較的発毛効果・育毛効果の高い薬の処方が受けられます。ただ、これらの薬は保険適用外のため、薬代は大変高価なものとなっています。しかも、確実に元の状態に戻れるといった保証はありません。また、世の中にはさまざまな薄毛対策グッズが溢れています。
・育毛剤(髪の成長を促進する)
・増毛剤(髪の毛を生やす目的)
・育毛シャンプー
・マッサージ器
これらのグッズで、ある程度の効果を実感できる人がいるのも事実ですが、焼け石に水状態で、何を使っても全く駄目という人も多いことでしょう。そういう方たちの場合は、自分の髪を生やすことは諦めて、植毛や増毛、カツラに頼るということになります。植毛は、自分の髪密度の高いところを皮膚ごととって、髪の薄い部分に植えていくという手術です。増毛は、人工の髪の毛を自分の髪の毛の1本1本に巻きつけて、髪の毛が多くなったように見せるというやり方で、特定のサロンなどで受けることが出来る施術です。
このように、薄毛治療には、
・髪の毛を生やすための治療
・植毛
・増毛
と言った、3つの方法があります。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者